データの入力や保存が電子カルテを導入することで便利になる

カルテの電子化で能率向上

看護師

他のシステムとも連携可能

電子カルテは、医療現場における事務の効率性を高めるのに役立つとして注目されているシステムです。電子カルテはその名の通りカルテ、すなわち診療記録を電子化したものです。紙に記載するのではなく端末入力を行うことで、デジタルのデータベースを構築します。電子カルテの導入は、カルテの保管スペースを節約できる、記録の見やすさが向上する、同じデータが複数の端末からアクセスできるようになって利便性が高まる、といったメリットをもたらします。しかし、それ以外にもさまざまな利用法があります。たとえば、他のデータファイルやプログラムとの連動です。通常、紙のカルテであればX線撮影フィルムなどの画像診断記録は別保管となりますが、電子カルテであれば診療記録を見ながらワンクリックでデジタル画像を呼び出すことができます。また、文書管理プログラムとの連動により、テンプレートを使って診断書や紹介状などを簡単に作成できるようになります。さらに、受付の会計システムやレセプトシステムと連携すれば、一部負担金や診療報酬の計算・請求事務を大幅に迅速化することができます。電子カルテは複数の診療科を持つ大病院ばかりでなく、中小のクリニックでも導入可能です。導入時の費用はシステム構成によってまちまちですが、電子カルテ用端末1〜2台・レセコン1台・サーバー1台といった標準的な仕様で350〜450万円というのがおおよその相場です。メンテナンスに要するコストは年額で初期費用のおおよそ10%前後です。

地域に根差した医院経営

歯科

地域の人々に歯科医院の雰囲気を知ってもらえるのが、内覧会の良い所です。予約者を獲得するためにも有効なイベントで、受診者を増やすきっかけが得られます。今では、内覧会の準備から当日の対応まで、依頼出来るサービスがあります。

手間とコストの削減できる

お店

大阪市の顔とも言うべき繁華街の心斎橋では、夢を叶えようと貸店舗を求める方が多くみられます。開業には多額の費用が必要になるため貸店舗の中では居抜き物件がお得、設備などがそのまま残っているのでいろいろ買い揃える手間が省けコスト削減にも効果的です。