データの入力や保存が電子カルテを導入することで便利になる

世界から注目される国

握手

サポートが成功のカギに

これまでは中国や韓国に集中していた海外進出先ですが、近年になって急増しているのがインドネシアです。日本からは飛行機で片道約7時間、シンガポールやマレーシアと同程度であり、観光地としても人気となっています。そんなインドネシアがビジネスで注目されている理由は、世界で5位以内に入る人口があり、首都ジャカルタを中心に近代化が進んでいることです。ただし、国が変われば法律と文化も日本とは大きく異なるため、進出の成功はコンサルティングのサポートがカギとなるでしょう。日本国内に置き換えてみた場合、関東と関西で食や習慣の違いがあり、地域によって人気・不人気の製品があります。つまり、インドネシア進出を検討する場合、自社製品・サービスが愛されるためにも、コンサルティングのサポートが望ましいといえるのです。インドネシアは日本と同じ島国であり、首都ジャカルタのジャワ島、カリマンタン島やスマトラ島のほか、リゾートで有名なバリ島も含んでいます。ジャカルタでスタートしたのち、各エリアへの事業拡大も期待できることから、早めのコンサルティング利用が有利となるでしょう。また、インドネシアの法人設立は、営業スタートまで半年が目安となりますので、コンサルティングによる円滑な進行がポイントとなるのです。このほか、インドネシアのコンサルティングは、日本語対応および常駐スタッフの在籍する会社が選択できます。言葉や文化の壁がグッと低くなり、コンサルティングは安心して相談できると好評です。